2016年12月10日東京都内において、二次審査を勝ち抜いた14校が一堂に会して最終審査会(グランプリ大会)が行われました。審査員4名による白熱した議論の結果、第5回eco-1グランプリの受賞校が下記のとおり決定いたしました。
 今回は最終審査に残れなかった学校等から計9校を招待。審査会や同日のうちに行われた表彰式、懇親会を通じて、それら23校の高校生たちが意見交換したり、お互いの健闘を讃え合う光景が見られました。

 また今回はじめての試みとして、最終審査会での各校のプレゼンテーションや表彰式の様子をインターネット中継し、当日会場に来られなかった皆さんにも視聴いただきました。

□ 内閣総理大臣賞
岐阜県立大垣養老高等学校 瓢箪倶楽部秀吉
「グリーンカーテンに革命を!冬でも楽しめる瓢箪グリーンカーテン」

□ 文部科学大臣賞
静岡県立浜松城北工業高等学校 環境部
「地球にやさしいエンジニア」

□ 環境大臣賞
徳島県立新野高等学校・徳島県立小松島西高等学校勝浦校 
緑のリサイクル・ソーシャル・エコ・プロジェクト
「緑リサイクルモデル「資源循環型肥料の開発」から環境創生へ」

※最終審査会参加校と審査員および主催者、後援、協力団体

□ 審査員 C.W.ニコル 特別賞
エクセラン高等学校 環境科学コース
「ぷらすαの河川・里山整備とあまのじゃく的エコ活動」

□ 審査員 末吉竹二郎 特別賞
佐賀県立佐賀商業高等学校 さが学美舎
「みんなではじめる「e‐coねっと」ごみ減量化作戦」

□ 審査員 南沢奈央 特別賞
埼玉県立小鹿野高等学校 ボランティア部
「2つのエコ活動から広がる絆 ~鹿高生の小さな努力~」

□ エコの環賞
栃木県立国分寺特別支援学校 高等部紙工班
「特別支援学校のエコ活動「たかが紙パック、されど紙パック」 」

□ エコの環賞
神奈川県立氷取沢高等学校 ボランティア部
「地域交流活動から国際貢献につながる取り組みの模索」

□ エコの環賞
徳島県立池田高等学校定時制 池定・地域まもり隊
「地域と進めるエコフレンドリープロジェクト!」

□ ベストプレゼンテーション賞
岐阜県立大垣養老高等学校 瓢箪倶楽部秀吉

 2015年12月12日東京都内において、《普及・啓発部門》《研究・専門部門》それぞれでブロック審査を勝ち抜いた各7校=計14校が一堂に会して最終審査会(グランプリ大会)が行われました。審査員4名による白熱した議論の結果、第4回eco-1グランプリの受賞校が下記のとおり決定いたしました。
 表彰式は同日のうちに行われ、続いて開かれた懇親会では日本各地から集まった高校生たちが審査員らと交流し、お互いの健闘を讃え合う光景が見られました。

 なお、当日の模様はBS11の報道番組「ウィークリーニュースONZE」のビジネス情報コーナー「BizBuz」で紹介されました。アーカイブス映像はこちらよりご覧いただくことができます。

□ 内閣総理大臣賞《普及・啓発部門》
岩手県立盛岡農業高等学校 環境科学班 林業班
「落ち葉を森に帰そう! 〜ペットボトル苗で造る自然林ビオトープ〜」

□ 内閣総理大臣賞《研究・専門部門》
兵庫県立篠山東雲高等学校 しののめ竹林バスターズ
「地域資源で環境創造~竹チップで未来を変える~」

□ 文部科学大臣賞
愛知県立南陽高等学校 Nanyo Company部
「カーボン・オフセットを活用した地域の環境意識改善の取組」

□ 環境大臣賞
長崎県立島原農業高等学校 食品加工部
「長崎県特産品『枇杷』のゼロ・エミッションへの挑戦」


※最終審査会参加校と審査員および主催者、後援、協力団体

□ 審査員 C.W.ニコル 特別賞
群馬県立利根実業高等学校 生物生産科生物資源部
「イノシシから圃場を守れ~農業廃材利用による浸入防護柵の製作~」

□ 審査員 末吉竹二郎 特別賞
青森県立名久井農業高等学校 TEAM FLORA PHOTONICS
「国立公園におけるサクラソウ自生地の保全活動」

□ 審査員 南沢奈央 特別賞
東京都立大島高等学校 農林科
「ツバキを守って島おこし ~伊豆大島発。椿の島のエコ活動~」

□ イオン・エコの環・トライ賞
岡山県立真庭高等学校

□ 毎日・エコの環・マスター賞
静岡県立榛原高等学校

□ ベストプレゼンテーション賞
岩手県立盛岡農業高等学校 環境科学班 林業班


□ 内閣総理大臣賞《普及・啓発部門》
青森県立名久井農業高等学校 TEAM FLORA PHOTONICS
「草花による環境浄化活動」

□ 内閣総理大臣賞《研究・専門部門》
岩手県立遠野緑峰高等学校 草花研究班
「廃棄されるホップの主蔓(しゅづる)を活用した和紙の研究と普及」

□ 文部科学大臣賞
兵庫県立篠山東雲高等学校 特産でeco and smile
「山の芋グリーンカーテンでGOOD★LIFE」

□ 環境大臣賞
大阪府立園芸高等学校 ビオトープ部
「蝶の舞う街づくりと絶滅危急種昆虫少年・少女の復活プロジェクト」


※上位受賞4校と審査員および主催者、後援、協力団体

□ 審査員 C.W.ニコル 特別賞
長崎県立島原農業高等学校 食品加工部
「循環型椎茸菌床栽培方法及びバイオエタノールの生成について」

□ 審査員 末吉竹二郎 特別賞
愛知県立豊田東高等学校 獣害対策プロジェクトチーム
「イノシシとの共生~学校全体での取組を目指して~」

□ 審査員 南沢奈央 特別賞
千葉県立成田西陵高等学校 地域生物研究部
「テントウムシによる環境に優しい農業の実現を目指して」

□ イオン・エコの環・トライ賞
岐阜市立岐阜商業高等学校

□ 毎日・エコの環・マスター賞
東京都立つばさ総合高等学校

□ ベストプレゼンテーション賞
兵庫県立篠山東雲高等学校 特産でeco and smile


□ 内閣総理大臣賞《普及・啓発部門》
岐阜県立加茂農林高等学校 林業工業科環境班
「里山に風穴をあける(どこでもできる休耕田オーナー制度の提案」

□ 内閣総理大臣賞《研究・専門部門》
秋田県立大曲農業高等学校 きのこ研究グループ
「Our Green Innovation utilizing area resources」

□ 文部科学大臣賞
東京都立つばさ総合高等学校 ISO委員会
「つばさ総合高校のゴミ処理について」

□ 環境大臣賞
栃木県立栃木農業高等学校 とちぎ水土里づくりプロジェクト班
「元気あふれる故郷再生活動〜とりもどせ里山の原風景・伝統文化」


※上位受賞4校と審査員および主催者、後援、協力団体

□ イオン賞
兵庫県立三木北高等学校 環境研究部 ECO-P
「三木から未来へ〜僕たちのaction for our future!〜」

□ 毎日新聞社賞
岐阜県立岐山高等学校 生物部
「カワニナを通して考える地域の生態系」

□ 審査員 C.W.ニコル 特別賞
広島県立油木高等学校 ナマズプロジェクトチーム
「ナマズ養殖による地域活性化と地域環境保全活動」

□ 審査員 末吉竹二郎 特別賞
出雲西高等学校 インターアクトクラブ
「出雲西高IACの環境保全活動と国際活動について」

□ 審査員 南沢奈央 特別賞
佐賀県立唐津南高等学校 「虹の松原」松露プロジェクトチーム
「「虹の松原」を守ろう!〜松露プロジェクトを通して『地域』を元気に〜」

□ ベストプレゼンテーション賞
栃木県立栃木農業高等学校 とちぎ水土里づくりプロジェクト班


□ グランプリ・内閣総理大臣賞
愛知県立佐屋高等学校 「羽ばたけアヒル農法」研修班
「羽ばたけアヒル農法〜アヒル農法による生物多様性の保全〜」

□ 準グランプリ・文部科学大臣賞
栃木県立栃木農業高等学校 環境科学部プロジェクト班
「ヨシの恵みで環境保全活動〜とりもどせ農村のヨシ産業・足尾の緑」

□ 準グランプリ・環境大臣賞
広島県立油木高等学校 油木高校ミツバチプロジェクト
「花咲く神石高原町『ミツバチ』から広がる交流・地域活性化」


※上位受賞3校と審査員および主催者、後援、協力団体

□ 震災復興貢献賞
大分県立日田林工高等学校 林産クラブ
「東日本大震災の『がれき』の利用を温かみのある住宅材料に!」

□ チームワーク賞(イオン賞)……エコを広げま賞
福島県立福島北高等学校 家庭クラブ
「福島北高等学校でのエコ活動への取り組み」

□ オリジナリティ賞(毎日新聞社賞)……節電しま賞
青森県立三本木農業高等学校 生産環境研究室、農業問題研究室
「カラーLEDによる未来型エコ養鶏への挑戦」

□ 審査員 C.W.ニコル 特別賞……地域とつながりま賞
福井県立小浜水産高等学校 ダイビングクラブ
「小浜湾アマモマーメイドプロジェクト」

□ 審査員 末吉竹二郎 特別賞……もったいなくしま賞
北海道倶知安農業高等学校 農業クラブ
「未利用ジャガイモ資源を有効活用した循環型農業の確立」

□ 審査員 南沢奈央 特別賞……みんなでしま賞
福島県立平商業高等学校 生徒会
「福島から、未来の地球のためにできること。」

◎主催者、共催者サイトへのリンク

▶ イオンワンパーセントクラブ
▶ 毎日新聞社
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
eco-1グランプリ運営事務局
(毎日新聞社内 毎日企画サービス)
Tel. 03-6265-6813 
※平日10時~17時
〒102-0074
東京都千代田区九段南1-6-17